アクティブ・ラーニングの
ライブネット授業


アクティブ・ラーニングで成績が伸びる

忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線では、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表しています。
 
覚えたことを、20分後には42%、1時間後には56%、1日後には74%、1か月後には79%を忘れてしまいます。つまり、ただ授業を受けただけで、授業を振り返る復習をしなければ、1日も経たないうちに学習したことの70%以上が頭から抜けてしまいます。

ラーニングピラミッド

 
学習の方法を、効果(定着率)に応じて並べたものです。「授業を受ける」から「教える」までの、7つの段階からなり、下段にいくほど学習の定着率が高いと考えられています。
  
ただ授業を聞いているだけでは、学習したことの5%しか頭に残りません。重要なのは、どのようにして忘れにくくさせるかです。動画の視聴、授業内での議論、議論の中で説明する、授業後の演習、これを繰り返すことで、学習したことを確実に知識として定着させます。

アクティブ・ラーニングでアウトプット

授業を聞いて覚えるインプット学習だけでは、学習した内容は頭に残りません。人と議論すると定着率は50%、さらに人に教えると90%と高い定着率を獲得できます。この議論や教えるアウトプット学習をすることで、知識は定着します。

また、授業後の復習テストは「忘却曲線」の早期に覚えたことを定着させる、演習プリントで時間が経過後での自分の力を試すことができる、この繰り返しが成績を伸ばします。

アクティブ・ラーニングを用いたライブネット授業

インターネットで配信されるライブの授業です。教室からは、チャットで、マイクで質問ができます。 
 

  

1.講師

先生のライブ映像が映し出されます。 
ライブネット授業は、授業中は常に先生と教室の受講生たちは一緒に勉強している一体感があります。
また、図形や軌跡の変化などはカメラを通して正確に説明できるので、受講生の習得度は更に上がります。  
 

.チャット 

授業中、分からないことは、チャットやマイクで質問ができるので、その場で解決できます。
授業当日に対応できない質問に対しては、会員専用の掲示板に解答を掲載します。
 
※ チャットによる会話は可能ですが、個人情報となるメールアドレス、個人名、学校名・塾名等の書き込みは一切、禁止しています。 
 

3.投票ボタン 

先生からの質問に教室の代表がボタンを押して答えます。出題は、択一問題や○×など多彩な問題形式があります。 
 

.ホワイトボード 

あらかじめ準備されたスライドを映し出します。
授業中は先生と教室から同時に書き込みができます。 
 

5.発言要求ボタン 

教室から発言を要求すると先生の許可によってマイクを使った質問ができるようになります。