LMSの統計学的分析

スマホ、タブレットにも対応


 

マルチデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)に対応しているので、少しの空いた時間でも効果的な学習ができます。
通学途中の電車の中、休憩時間でも大丈夫です。また、夜、今までは何気なくパソコンを開いて時間が過ぎていた人も、今では勉強時間に使うようになったという受講生も多くいます。  
 

ボタンひとつでわかる弱点分析

 
  

試験の解答の記入が終わると、送信ボタンを押します。
LMSでは受験終了と同時に成績の記録を見ることができるので、より一層タイムリーな学習計画を立てることが可能となりました。
間違った問題も復習の動画や自分でテキストを開いて学習し、再び試験に臨むことができます。
 

苦手分野を重点的に学習

 
  

成績と一緒に解説を見ることができます。自分が間違えた問題にフラッグをつける、解説をよく読み考えるなど、苦手分野を重点的に学習できます。
正解だけを見て終わる丸暗記型の学習法では、試験が近づき周りの人の成績が伸びてくると暗記力の限界から、自分の成績が落ちたように感じるそうです。根拠が分かった上で答えを正確に言える思考型の勉強法をお勧めします。  
 

LMS(学習管理システム)で分析

テストの履歴は、すべて一覧で評定が出ます。なんとなく成績が上がらないとか、一生懸命やっているのに伸びないと受講生から相談があった際には、この評定を見ながら、合格点に達していない分野を重点的に勉強するよう指導を行います。
通常の成績管理方法は、紙面やパソコンに一度入力をした後に、やっと、評定が出ますが、弊社のこのシステムでは、瞬時に成績が把握できるので、何をすればいいのかよくわかならい、と不安になることはありません。